学生向けクレジットカード

2013.5.30|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a1180_001690

 

クレジットカードを持つ人の中に、学生も珍しくなくなってきたようです。収入がない学生もクレジットカードを持つことができるようになってきました。一定の収入がないのに、学生はなぜどのようにしてクレジットカードを作ることができるのでしょうか。

 

学生がクレジットカードを作ることができるのは、学生という身分に信用があるからです。もちろん口座にはある程度のお金が入っていなければなりません。学生向けクレジットカードを利用し、カードの引き落としを滞納するようなことがあった場合、社会に出てからクレジットカードの審査などではじかれることがあります。クレジットカードで利用できる金額は、学生向けのカードの場合は低く(5万円から20万円ほど)設定されています。

 

学生がクレジットカードを作る場合には、学生証やパスポート、保険証、印鑑や銀行口座関係の書類を提出しなければなりません。クレジットカードの申込み自体は、社会人が作るよりも、簡単なことが多いようです。クレジットカードは、学生のうちに作っておくのがおすすめです。学生専用のクレジットカードの場合には付帯サービスも学生向けにお得になっているものが多いようです。学生向けクレジットカードにはいくつもの利点があります。旅行保険やポイントサービスなどです。こういったものをうまく使うといいでしょう。